kazasikiがプログラミングするブログ

プログラミングとかコンピュータとかWebとか

安いケーブルは大事に使おう

1本数百円程度のケーブルだから雑に扱ってもいいという理屈は間違っている。

そのケーブルの断線によってなんらかのトラブルに見舞われた場合、それに対処する時間のコストは数百円を遥かに上回る。しかも、昨今の電子機器事情を考えれば常に複数の機器を繋いで使用しているのが普通で、不具合から原因を特定するのに要する時間は日々増え続けている。

例えばLANケーブルが断線した場合、あなたのPCはまずWebサイトが開けなくなる。ネットワーク設定画面を見たり、(役に立つのか微妙な)全自動トラブルシューティングを動かしたりしていればあっという間に30分や1時間はすぎるだろう。不具合の原因はルータかも知れないし、インタネットサービスプロバイダかも知れない。
更にいえば、LANケーブルの断線から事態を復旧するためには基本的に新しいLANケーブルが必要になり、もしあなたのすぐ近くに新しいLANケーブルが無ければ、それを調達する間はネットワークに接続することもできない。もちろんAmazonでLANケーブルを買うことも出来ない。 重要なメールを受信or送信することが出来ず、大きな商談を逃すかもしれない。

安いものであっても、ものは大事に扱おう。